Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日はお休みなり

坂戸まで梅を取りにいこう!
と、いうお誘いに、無理やり仕事を休んで行ってきました。

梅林の気持ちいいこと。
感覚の近い友人達との話しの楽しいことったら。

みんな忙しいので、お昼で解散。

私はそのまま、集合場所近くの公園で一人読者。こういう時間って、私にはとても大事。私は緑と土と川とお日様があれば、幸せに暮らせる気する。

こんなにも贅沢な時間が過ごせるって、マジでありがたい。
色んなものに感謝したくなる。

こちら、ただいま読みかけの本なり。




伝わることば

大野 更紗さんは、2011年に一番売れた本「困ってる人」の作者で、難病を患っている作家さんであり、上智大学の大学院生でもある人。この方のエッセイ「母の友」4月号から・・・。

大野さんが、86歳の脳性まひ(先天性)を抱える俳人・花田春兆さんに、面会を依頼するために出した2000文字程度のメールに対して、次のような12文字の返信がきて「筋肉が弛緩するどガクッときた」という話から始まります。

「歓迎 生き残ったものの務め」

私は、伝え方、受け入れてもらえる情報量に、ちょうど頭を悩ましていた時だったので、このセンスのよさに、飛び上がるほど感動。「響きのいい短縮の仕方があるもんだな~」ってえらく納得してしまいました。また、俳人とはいえ、「文字が表現するエッセンス」に大野さんがガクッときたのことに、とても共感してしまった。

どうしても伝えたいことをメモった上で、文章を構成すること練習しようって思った。

あとは、「伝えたいことを削る勇気」も大事かもしれない・・・とも。

早速、大野さんの『ついった』をフォローさせていただき、「困っている人」をアマゾンで注文しちゃいました~。ただし中古品(笑)

伝える力

「誰か」に「何か」を伝えることの難しさ、近頃やたらと感じる場面が多かったです。

相当イラッとくることも幾つかあったのだけど、「学びなさい」という啓示なのかなと思い、務めて冷静に伝わらなかった原因を考えてみました。すると・・・。

1・相手の受け入れやすい伝え方
2・一度の伝える量
この二つが出来なかったからだと気がつきます。

冷静に対応できたせいか、「不理解」や「誤解」によるトラブルは未然に防げました。これって、「よく出来ました!」と自分で自分をほめていいだろうと自己満足しております。


**************

最近のことに限らず、伝わらなさを感じる相手は、
仕事関係、子ども関係、娘、夫、母などなど様々です。
けれども、伝わらなさを感じるたびに、LDパパこと上野一彦先生の言葉を思い出します。

  一番伝えたかったのは

 「私たちの教え方で学べない子には、
    
   その子の学び方で教えなさい」 


「教え・学び」を「伝え」に変えて読んでみてください。

興味のある方は、こちらを。

http://edublog.u-kaz.net/entrys/comment_2009-0205.html




お土産




障害者がお勤めする作業場の商品です。
カゴにたくさんあった様子は、これまた可愛いくて(*^_^*)

娘たちに、一個づつ買ってきました。

こういうのは、デザインとクオリティーがよければ、需要がちゃんと出来るんだろうな~。

娘たちは、青いほうをチビが、オレンジをお姉ちゃんが・・・という、私の予想とは違う方を選んでました。


iPhoneから送信

30年後の日本を想う教育

先週、小学校のPTA役員活動で、入間市教育長の話を聞いてきました。

「入間市の教育の特徴」みたいな話でした。
なかでも「ほ~」って思ったのは「30年後の社会を担う子どもたちに必要な教育を、という視点でいろいろなことを考えています」といわれたこと。

30年度、日本の労働人口はいまの1/3になってしまうそうです。GNPは25~26位になるんだとか(2010年度は3位)。

それ以上は突っ込んだ話はしなかったけどね~。。

************

この変化がどんな風に作用するのかは私には全く想像つかないんだけど、今みたいな「物質的な豊かさ」は続いていないんだろうな~ってことはなんとなく想像してみた。

そこに至るまでには、様々な社会変容が起こることは間違いないと思う。加えて、自然の驚異にさらされている昨今と、今の子どもたちが大人になるころ、なるまでには、私たちが経験したことのない大変な状況が発生するのは、残念なことに容易に想像できてしまう・・・。

30年後、うちの子供たちは、息子45歳、娘40歳と35歳です。社会の根幹をささえているお年頃。こんな風に考えると、勉強だけじゃなく、楽しいことも辛いことも含め、いろいろな実体験をさせておきたいと思ってしまうま。


参考までに。。。

1970.png

私が生まれたころの人口ピラミッド。


2035.png

2035年だから、23年後。
一番したが28歳か~。結婚してるかな???


2060.png

2060年。
息子63歳、娘58歳と51歳。
私が生きてたら90歳超えてるぞ。

どうか、心と自然が豊かな世の中でありますように…。



Extra

最新記事

『早起き生活』実行中

早起き生活
Powered by 早起き生活

逸品みっけた♪

ふれあい囲碁7
いつでもどこでも誰とでも楽しめる囲碁ゲーム。2010年の10月に発売になるようです。こちらで予約を受け付けしています。気になる方はこちらで。えじそんくらぶ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。