Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C84]

私も、この映画は二度と見ないと決めています。
でも、読んでいて、
「そうか、子どもが興味を持ったら、見る機会が出来てしまうのかな・・・」
なんて思いました。

知る、ということはとても大切ですよね。。。
自分の身の回りのことだけでなく、
その先の広い世界にも目を向けて欲しいなぁと
子どもたちを見て思います。
もちろん自分自身も。

ああ、でも、やっぱりこの映画は見たくないですネ。
給食、みんなおかわり出来たのかな・・・?!

[C87] reiちゃんへ

初コメありがとうです♪

やっぱし嫌ですか~。
これ好きな人、見たことないです。「私だめ~」的な声しか聞いたことないです。
これって、究極に厳しい状況におかれたとき、自分はどうなるだろう?って考えると、更に嫌だよね。でも、しちゃうんだけどぉ。

「知る」って時には大変だったりしますね。
はなから見る気がない・見ない・見えなかったふりをする・・・、これが出来れば要領よく生きられそうなのにね。reiちゃん私と同じ穴のナントカだわね(笑)ウシシ♪
  • 2010-10-14 02:20
  • puriko
  • URL
  • 編集

[C91]

ワタシも見られない一人です。
たぶんもう見ないだろうなぁ。
知ることが大事とは思っても、
「親」なった今、避けてしまっています。

これに限らず戦争映画が夫や恋人の目線ではなく、
親目線になっちゃうんですよね。。。


  • 2010-10-17 22:46
  • chito
  • URL
  • 編集

[C92] chitoさんへ

やはり見れませんか~。

「これに限らず戦争映画が夫や恋人の目線ではなく、親目線になっちゃうんですよね。。。」って、分かります。なります・なります。

私など、戦争映画のみならず、青春モノすら親目線!何をみても「がんばってるね~」って感じで涙・涙・・・。息子に「また泣いてるよ」とバカにされる始末です。
  • 2010-10-18 00:30
  • puriko
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://puriko0521.blog113.fc2.com/tb.php/53-33034440
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

戦争の授業

小学校3年生の娘が使っている国語の教科書には、「ちいちゃんのかげおくり」があります。絵本でもあるし、昔、自分が子どもだったころに教科書で読んだ人も少なくない有名な作品です。

息子も同じ教科書を使用していたので、数年間にも同じように「私が小学校のときにもやったよ」という話を子どもにして、そして、息子の時と同じように「戦争」について話をしてみます。私はほとんど祖父母に育てられているので、祖母から戦争の体験談を聞かされており、東京大空襲の夜の話など今でもよく覚えているという話をします。

戦後、どんどん私たちの生活の中から、戦争を感じる機会って減っているけど、忘れてはいけないことであり、年に数回の戦争を思い出す日のほかにも、子どもが国語や道徳で学習することのできる機会って、親にとってもいい機会だな~と思います。

そこに。今回は「おまけ」がついてきました。
娘の担任の先生が、給食の時間を使って「今日は特別に見ながら食べていいです」といって、『ほたるの墓』というアニメを見せてくれたそうです。

給食の時間では、最後まで見られなかったため、娘は帰宅後に私に先を聞きます。ですが、実は私はこのアニメが苦手で困ってしまいました。案の定、思い出しながら話ていただけで、号泣しちゃうのです。私の意志ではコントロールできないほど、ぽろぽろ泣けちゃうのです。

私が甘っちょろいから泣けてしかたないんでしょうね。ああいった話は、日常的にごろごろあったっだろし、特別な話なんかじゃなかったんだよね。でも、「私」には耐え難いことに見えます。

アニメはレンタルして、昨日、子どもたち見てました。三歳の娘まで3人とも最後までしっかり見てた。感想は「かわいそう」とか一般的だった。

見ないようにしてたけど、たまに覗き見した私は、やっぱし大泣きだった。
だってさ、家の息子と、一番の娘って、ちょうどお兄ちゃんとセツコくらいなんだもん。さらに、見たくないアニメになってしまったのですよ。大人の私は、いろいろと考えさせられます。

今日は、少しブルーです。
これから、気晴らしにサイクリングに行ってきます。

戦争アニメ、映画が悪いんじゃないです。直視したくない感情ゆえ、ブルーになっちゃうんだろうな。
スポンサーサイト

コメント

[C84]

私も、この映画は二度と見ないと決めています。
でも、読んでいて、
「そうか、子どもが興味を持ったら、見る機会が出来てしまうのかな・・・」
なんて思いました。

知る、ということはとても大切ですよね。。。
自分の身の回りのことだけでなく、
その先の広い世界にも目を向けて欲しいなぁと
子どもたちを見て思います。
もちろん自分自身も。

ああ、でも、やっぱりこの映画は見たくないですネ。
給食、みんなおかわり出来たのかな・・・?!

[C87] reiちゃんへ

初コメありがとうです♪

やっぱし嫌ですか~。
これ好きな人、見たことないです。「私だめ~」的な声しか聞いたことないです。
これって、究極に厳しい状況におかれたとき、自分はどうなるだろう?って考えると、更に嫌だよね。でも、しちゃうんだけどぉ。

「知る」って時には大変だったりしますね。
はなから見る気がない・見ない・見えなかったふりをする・・・、これが出来れば要領よく生きられそうなのにね。reiちゃん私と同じ穴のナントカだわね(笑)ウシシ♪
  • 2010-10-14 02:20
  • puriko
  • URL
  • 編集

[C91]

ワタシも見られない一人です。
たぶんもう見ないだろうなぁ。
知ることが大事とは思っても、
「親」なった今、避けてしまっています。

これに限らず戦争映画が夫や恋人の目線ではなく、
親目線になっちゃうんですよね。。。


  • 2010-10-17 22:46
  • chito
  • URL
  • 編集

[C92] chitoさんへ

やはり見れませんか~。

「これに限らず戦争映画が夫や恋人の目線ではなく、親目線になっちゃうんですよね。。。」って、分かります。なります・なります。

私など、戦争映画のみならず、青春モノすら親目線!何をみても「がんばってるね~」って感じで涙・涙・・・。息子に「また泣いてるよ」とバカにされる始末です。
  • 2010-10-18 00:30
  • puriko
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://puriko0521.blog113.fc2.com/tb.php/53-33034440
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Extra

最新記事

『早起き生活』実行中

早起き生活
Powered by 早起き生活

逸品みっけた♪

ふれあい囲碁7
いつでもどこでも誰とでも楽しめる囲碁ゲーム。2010年の10月に発売になるようです。こちらで予約を受け付けしています。気になる方はこちらで。えじそんくらぶ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。