Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://puriko0521.blog113.fc2.com/tb.php/19-547ac6d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ちいさい時に大事にしたいことってどんなこと?

5月の子育てフェスティバルで、大妻女子大学岡健先生の講演「ちいさい時に大事にしたいことってどんなこと?」を聞きました。

この講演会は、幼稚園児の遊ぶ様子をスライドでみながら、「子どもの遊び」について参加者と一緒に考えつつ、その後で先生のお考えを聞くという形でした。

入園一週間の様子、そこからまたしばらくたった様子、を見比べてました。子どもたちのの心理面が行動に現れている内容でした。大人はよく「子どもはすぐに仲良くなれていいな~」なんていうけど、それほど簡単なことでもなくて、一緒に遊ぶための「子どもの世界のルール」みたいなものがあるんだなっていう事がよく分かりました。

大人が教える手、「あーそーぼ」を言っても上手に簡単には仲間に入れないし、「かーしーて」も、「ごめんね」も、大人が教え込む方法は、子どもの遊びの世界には上手いこと通用しないようです。

*****************

講座の内容を、自分の頭の整理をかねておおざっぱに書いてみます。おつきあいいたけるとうれしゅうございます。

今の子ども達は、「周りを見る」ことがヘタクソ。「周りを見る」ことが上手な子どもは、遊びのリーダーにもなれるし、うまいことモノも使えるし、楽しく遊べる。けれど、大人が仲介に入ることで、「周りを見る」感覚を養う機会を奪ってしまい、心も体もぶつかりあう経験のないまま大人になってしまう子が増えている。子どもは、子どもの世界で鍛えられるべし!大人は下手にフォローをいれるな!みたいことを言ってたような・・・。

それと、体験不足が心配だという話もしてました。このあたりは良くきけなかったのでよりあやふやなんですが・・・。

アリや虫など「手で簡単につぶれてしまうもの」を触るのができるのは、概ね3歳くらいからなのだそうです。けれど、最近はこういうことが出来ず、べちゃっと潰してしまう子が増えているといいます。その理由は、体験不足、五感を刺激する機会などが不足しているから、力加減のコントロールが下手であったり、力を入れたらアリがつぶれるという想像力が欠けてしまっている結果なんだそうです。

臭いを消す文化、汚いものを排除する除菌習慣、汚れを嫌う生活習慣などは、人間の五感・六感を退化させるだけでなく、想像力も貧相にしてしまうってなことを言ってたような・・・。

日本の保育社会では、子どもにとって安全なもの、柔らかいもの、気持ちの良いものなど「良」の面だけを取り入れているけれど、子どもの育ちには反対側の危ないもの、硬いもの、不快なものも大変する必要があるそうです。ヨーロッパの事例を挙げて、幼児教育で行われている触覚・感覚教育を紹介しながら話をしてました。

だったら、大人は何をすればいいのか?
幼児にどう関わっていったらいいのか?
そのあたりをじっくり聞きたかったことですが、時間もなくなってしまい聞けませんでした。ダメダメ母さんを自認している私、「具体的な関わり方を教えてくださいな~」って思いました。

今流行の「××流こそだて方」のように、嫌がるこどもにでも、どんどん体験を積ませてばいいのか?などについては、「あれは駄目ですね~」、子どもの気持ちに寄り添わないと悲しいことになるってなことは言ってましたけど。

岡先生の話が全て正しいわけではなくて、対極の考え方をとく保育論者もたくさんいらっしゃいます。でも、私は、岡先生と大妻いこいの広場でご一緒していたり、かれこれ6年以上も岡先生のお話を聞く機会も多かったこともあり、内容にはうなずくことばかりだったわけです。

幼児期にする教育、大切です。
私は子どもに何をしてあげらるのでしょうかね~。
「消極教育」って言葉を思い出しましたよ。大人はタイミングを見極めて、極力手を出さないことが望ましいってことですかねぇ?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://puriko0521.blog113.fc2.com/tb.php/19-547ac6d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Extra

最新記事

『早起き生活』実行中

早起き生活
Powered by 早起き生活

逸品みっけた♪

ふれあい囲碁7
いつでもどこでも誰とでも楽しめる囲碁ゲーム。2010年の10月に発売になるようです。こちらで予約を受け付けしています。気になる方はこちらで。えじそんくらぶ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。