Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://puriko0521.blog113.fc2.com/tb.php/161-25c12c40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アラフォー安産

職場には大量の本があります。
ボスが使っている本の他にも、色んなところから進呈本をいただきます。タイトルのアラフォー安産 35歳過ぎても元気な赤ちゃんを産む方法 (経済界新書)も某所からのいただきもの。

事務所にある本は、基本的になんでも貸してもらえるので、なんだか妙に気になったのでお正月休みに読んでみました。個人的に「ほ~」と思ったことについて書きします。世間話のネタにしていただければ幸いでございます。

サブタイトル「35歳過ぎても元気な赤ちゃんを産む方法」とか、帯に「いつか、子どもが欲しい」35歳以上の女性は必読!」とあるように、なるほど35歳以上の妊婦は一読の価値有、840円で得るにはいい情報と思いました。

著者の村島温子さんは、国立成育医療研究センター、母性内科医をされています。母性内科というのは、妊娠・出産の過程で実は内科的なサポートが欠かせないことから総合的なケアを行うために設置された診療科で、国立成育医療研究センターを含め2011年4月現在、全国で3箇所しかないそうです。

近頃、アンチエイジングが上手な方が増えたため、見た目で女性の年齢はわかりにくくなりましたが、卵子の老化は確実に進んでいて、年齢が高くなるほど妊娠しにくくなり、たとえ妊娠したとしても流産や早産になる可能性が高くなります。

40歳代になると不妊は60%を超えるだけでなく、35歳を過ぎると妊娠前にさまざまな持病を抱えている人がそれ以前の年齢よりも多いそうです。また、卵子のエイジングは30代後半で急激にすすみ、35歳を過ぎると老化が加速し、質のいい卵子は激減するようです。その上、ダウン症の発症率も40歳を過ぎると20歳代の10倍になるということも・・・。

しかし、この本を読むと「そっか、そーゆー風にすればいいんだ~」と思えます。本の目的もそうだと書いてあるしね。

それと、私が妊娠した当時、もっとも知りたかった情報がのっていました!どこを探しても納得のいく回答が見つからなかった「妊娠初期に飲んでしまった薬の影響」についてです。

「妊娠4~15週くらいまでの薬の服用には気をつけて」というフレーズはよくみます。また、「風邪薬、頭痛薬、胃腸薬など市販の薬を用法、用量をまもってのんだ場合は、まず大丈夫です。」と書いてありました。

私は病院から処方された薬を飲んでしまったことが心配でたまりませんでしたが、この本には、病院で処方されたものに関しても「胎児に影響する恐れがあるのは、催奇形性(形態以上を起こす可能性)のある成分の入った薬だけです」と明記されていました。

そして、「妊娠の可能性がある女性に対しては、医師は慎重に注意をするはずだし、もし飲んでしまっても赤ちゃんに100%影響があるとは限らない」とも書かれています。例として挙げられいるのは、血栓症の治療薬「ワーファフェリン」でした。

もっと知りたい方は、本を読んでもらうか、国立成育医療研究センター・妊娠と薬情報センターをチェックしてみてください。「授乳中の薬情報」なんてのも、見てみるといいかもしれませんよ。

国立成育医療研究センターは二子玉川にあります。このあたりからだと通えなくもないかな~。

って、アタシはもう産みませんけど!!!



たぶん・・・。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://puriko0521.blog113.fc2.com/tb.php/161-25c12c40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Extra

最新記事

『早起き生活』実行中

早起き生活
Powered by 早起き生活

逸品みっけた♪

ふれあい囲碁7
いつでもどこでも誰とでも楽しめる囲碁ゲーム。2010年の10月に発売になるようです。こちらで予約を受け付けしています。気になる方はこちらで。えじそんくらぶ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。