Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お茶と私と放射能

入間は狭山茶の産地であり、隣の学区の中学校では校内で茶畑を作っている。

そのお茶を、縁があっていただきました。

写真 4

とても美味しくて、市販品との差がわからないほどでした。

去年までは貰えると「らっきー♪」としか思わなかった狭山茶だけど、今年は「放射性物質」の検出騒ぎで、そうそう単純に喜んでばかりいられない気分になってしまう。

このブログでも書いてきたと思うけど、「気にしすぎることが、放射能の直接的な影響より、身体に与える影響が大きいので、神経質にならないこと」を心かけている。

それに、どんなに気にしたって、海外に引越しできないんじゃ現状を「受け入れる」しかないし、自分たちが利便性を追求してきた生活の代償ともいえるので、やはり「ありのままを受け入れる」しかないと思って、あえて放射能に対しては見ないことにしてきた。

しか~し、先週、とても嫌な話を聞いてしまった。

母の知り合いの話なのだが・・・。
福島の事故はチェルノブイリと同じ危険度レベル7なので、数年先には健康被害がとても大きな問題になる。ってな内容でした。

私がもっとも気になったのは、チェルノブイリで被爆した子ども同士が、大人になって子どもを授かったときに、単眼症の子どもがたくさん生まれている。政府は発表していないけど、その数は非常にたくさんいて、生まれた子どもたちは直ぐに処分されてホルマリン漬けにされている。これはネットで調べれば、直ぐにわかる・・・」ってなことでした。

ある商品の販売がらみなの話なので、斜めに聞いていたのだけどね、子どもを育てている身としては、放射能に対してスルーしてちゃまずいな~っとは、しみじみ思ってしまったわけ。

それに、被曝者の遺伝子に傷がついてしまうために、そこから生まれてくる命が先天的に奇形を抱えてしまうという話は、親としては半端なく怖いと思ってしまった。それが真実とは思えなくても、とてもとても怖いと思った。


********

本当に被爆すると、「単眼症」が多発するのか、帰宅後にネットで調べてみました。

「直ぐにみつかる」と言ってたのに、、「放射能被爆」と「単眼症」の関係は、私には見つけられませんでした。

けれどネット上には、放射能汚染と「枯葉剤の影響」「遺伝子組み換え食品」などの影響を、ごちゃまぜに論じている人々が少なくないことが分かり、こっちの方がさらに怖いな~って思ってしまった。

また、そんな話を「まことしやか」に広げてしまう善意の人々が少なくないであろうこと、もっともっと恐ろしいと思った。

*********


無知な私には、何が本当で、何をよりどころにすればいいのかが、放射能に関しては、まったく分からないのです。

いくつか本を読んでみても、信憑性にかける気がして仕方ないものしか手にできてないし、ネット情報も怪しいものが多いしね・・・。

「放射能響が、子どもの身体へどんな影響を与えるのか」
「その影響を少なくするためには、どんな対策があるのか」

私は、この2点が気になります。

関東地方で消費される食品は、多かれ少なかれ全てが放射能汚染されていると思っています。

この環境の中で、「できることを不安にならないでする」が、親の私たちが今すべきことで、そのためにはまず、「どんな影響があるのか」を納得する情報を自分で調べることからはじめようか~っと思いました。

超忙しいけど、後で後悔しないように、今度こそ面倒くさがらずに向き合いたいです。。

ってなことも、今週、悶々としてしまったことの一つだったりします。


スポンサーサイト

Extra

最新記事

『早起き生活』実行中

早起き生活
Powered by 早起き生活

逸品みっけた♪

ふれあい囲碁7
いつでもどこでも誰とでも楽しめる囲碁ゲーム。2010年の10月に発売になるようです。こちらで予約を受け付けしています。気になる方はこちらで。えじそんくらぶ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。