Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年少さんのお手紙交換

年少の娘が「お手紙もらったの~」と、同じクラスのお友達からお手紙をもらって帰ってきた。

「読んで~」というが、まだまだ文字など読めない人々なので、何が書いてあるのか興味津々であけてみると、**ちゃんへ・・・と、娘宛てではない文章だった。

その**ちゃんはお休みだったようで、行き先のなくなった手紙を娘にあげたってことらしい。

もらった娘だけでなく、出した方も文字がよくわかってないから、こんな珍手紙がやってきたんだろう。もう少し知恵がつくと無いことだよね~。そして、この子との娘の関係は、お互い気になる存在だけどお友達未満なんだろうって思った。

この前の週、娘ちゃん、プリキュアシールをあげたいからお手紙を書いてほしいと言った。

「誰にあげるの?」と聞くと、少し迷った後に、上記のお手紙をくれたお友達にすることに決めた。

「で、なんて書くの?」と、聞くと、
「△△ちゃん、嫌いでごめんね。
シールあげるから、許してね」と、書けという。


「それは書けません!」


「・・・」


「・・・・」

「△△ちゃんは嫌いでも一緒に遊びたいの?」と聞くと、
「どっちでもいいけど、遊んでもいい」と答える。


「じゃーさー、仲良くなろうね」って書いてみるのはどうでしょう?と伺うと、「うん!それにしよう!!」って。


で、母が代筆して可愛い封筒にいれて幼稚園に持っていきました。



んで、夕方、そのまま帰ってきました。
「お手紙渡せなかった~」って言いながら。


うちの4歳児、第三子特有の要領がよさや大人たらしのわりに、同じ年の子どもとの関わりに苦戦している模様。それでも、がんばっている姿が見えて、お母さん少し安心しました。


ちょこっとづつ、お友達関係の楽しさを感じてくれるといいな~。女友達は難しいから、今から揉まれておくれまし~。。

スポンサーサイト

お母さんになる修行

一番下の娘ちゃん、幼稚園生活になじめないでいる様子。正確には「私には馴染めていないように見える」なのだと思うが。

毎日送ってるから、園での様子は目には入るからね~。

そこに、先週、精神性の頻尿と診断された。
6月の2週目に入ってから、おしっこがむっちゃ近くなった。ひどい時には5分おきに行ってくれる。基本的に家にいるときは、外にいるとき程ではないけど、明らかに病的な近さ。

私も気がついてたんだけど、「これは神経的だよな~」って見守ってたら、ついに幼稚園の先生に「受診してください」って指摘されて病院に行ったのだけどね。

これには、欲をいえば子どもの耳に入らない形で忠告して欲しかったけど、こんな様子じゃ幼稚園の先生も大変だったろうし、私が予定より半日早く行動してればそうならなかったのよね。

*****

幼稚園に馴染めてない様にみえること、子や頻尿のこと、家で何かできることはないかと思って幼稚園の先生をしていた信頼している友人に相談してみた。

話を聞いてもらって、少しアドバイスしてもらって、私はとっても楽になった。

そして思った。
私が幼稚園に行っている娘に対してしてあげられることは特にないと。娘自身が自分で自分の身の処し方を学んでいくしかなんいんだと思いましたよ。

それに、我が家に限らず、家族構成や家の価値観等、その子供を取り巻く環境はそう簡単に変わらないし、変える必要もないのだと思う。子どもはその環境の中で、自分がかかわる世界を少しづつ躓きながら作っていくのだと・・・。

子育てって、見てても何もしないできないことばっかりだね。子どもの年齢があがる程、胃が痛くなることも増えるしね・・・。


それと。
世の中の子どもの神経性頻尿に悩む皆様、自分を責めるのはやめましょうね~。子どもも私も、そして誰も悪くないから。

忙しいお母さんには難しいけど、子ども達の成長にじっくり、ゆっくり付き合いたいもんです。

虐待じゃありませんから~

幼稚園延長保育からの帰りの車で・・・。
信号待ちの時、引っ張りっこをして遊んでいたら、娘が急に本気で痛がる泣き方をし始めました。


ハイ。
抜いちゃったんです。
ひじの関節を。
私が・・・(;^_^A


3人子どもおりますが、初めてです。
こんなに簡単に抜けるもんなんですねぇぇぇ。

直ぐに近所の接骨院にGO!
もっちゃんのお父さんに「ありゃま、外れてたわ」といわれて、気がつかないうちにハメてもらいました。

おかーさん、驚きました。
一回抜けると、抜けやすいそうです。

直ぐに直って良かったです。
あ~、びっくりした。

急がば回れる年の功

あと一枚お皿をゆすげば洗い物が完了するとか、お風呂掃除もここを流すだけ…とかっていう、『ほんとにあともうちょっとでソレが終る』っていうタイミングで、「おしっこ~」「うんち!!!」とチビから声がかかること度々。

夕方などやることがテンコ盛なので非常に手を止めたくはないのだけど、下の用だと仕方なく「はいはーい♪」と対応をします。これが下の用ではなく、「みてみて~」ってな、なんてことがない用事だと、かーなーりイラっとするのですが、三人目にして始めて「はいよー」って言って手を休めて相手をするように(できるように)なりました。

これって、ふつーに当たり前だってな話なんでしょうけど、アタシ的には自分を大絶賛したいくらいエライこと♪基本的に効率重視なので、慣れるのが実はかなり大変だったのでした。だから余計に「自分で自分をほめてあげたい~」って年の瀬に今年を省みたらしみじみと思ってしまったのですよ。

1年くらい前までは、途中で何かを中断させられるとどんなに機嫌がいいときでも「ちっ!」っとか思ってましたもーん。

周りの方の対応を観察してみても自分のことを観察してみても、こういう感覚に『育った環境』とか『親からのしつけ』だとか、そういういものが影響するんだろうな~って思ってしまうま。だってさ、人それぞれで色んな対応があるんですも~ん

そんなこんなで母は『ぐるぐる』して楽しんでいるのだけど、子どもサイドからすると、やっぱし手を止めて相手をしてもらった方がうれしいのか、その後が扱いやすくなるのね。これってチビに限らず小学生と中学生の子どもも同じ。中学生なんてのは、とくに効果ありです。

『急がば回れ』『負けるが勝』ってことでしょうか。
また、ことわざネタをかいちったぜ(;^_^A

3歳児にマジキレ

久々に3歳児相手に『ぶちっ』っとなった。

今回は牛乳をばしゃ~!!とやったわけでも、めがねをかけている顔の上に落ちてきてわけでもなく、ビーーーーーーっと引っ張りだしたんです。修正テープを。もう直しようがないほど、1メートルは出てた。しかも新品。

初めてなら許しますよ。
これで5回目です。
私が電話でちょっこしだけ目を離した隙に。びびーっと。


ティッシュを撒き散らされても、ケチャップやマヨネーズをべろ~んとこぼされても、こんなに怒らない。あ~あ・・・。ケチくさいが本気で腹がたってしまいました。

Extra

最新記事

『早起き生活』実行中

早起き生活
Powered by 早起き生活

逸品みっけた♪

ふれあい囲碁7
いつでもどこでも誰とでも楽しめる囲碁ゲーム。2010年の10月に発売になるようです。こちらで予約を受け付けしています。気になる方はこちらで。えじそんくらぶ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。