Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の電力ピークが問題になる理由

「この夏のピーク電力需要が問題」「今年の夏の予想ピーク電力量は5500万KW、どう乗り切る?」とかって内容の報道を各種メディアで見聞きすることが多いと思う。

真夏の午後2~3時あたりが一年のうちで一番電力消費量が多い時。それは、みんながエアコン無しだと過ごせないから。そして、この時間帯は、工場など多量に電気を消費する場所や、各種企業・経済活動がお盛に行われている時間帯。日本中で、忙しく働き大量に電気を消費していて、それらがまた日本を暑くしてしまい、冷房が必要になり電力のピーク需要を押し上げる・・・。

下の図は、こんな感じでピークがきて、その時にこんな感じで供給してる~の図。電力供給については、前の前の記事で説明したけど、アレの図ですね。

でんきの情報広場より拝借

去年までも、東京電力で供給できる量を超えてしまっていたために、東北電力に夏場の電力不足を補ってもらっていたらしい。だけど、今年はそれもできない。その上、東京電力で供給できる電力は、福島原発を除く電力供給が全部復旧し稼動しても最大で5520万kWという。しかもこの最大値はあくまで数字であって、諸々の理由でこの値の電力供給は不可能なのだという。つまり、この夏、確実に電力不足は発生する。しかも去年のような猛暑なら、この予想以上の需要となる。

だから、今からあっちこっちでピーク電力を減らす方法が議論され、啓蒙をしようという意図もあるからか、各種メディアもこの問題を取り上げている。

なんでそんなに騒ぐのか?

その理由は、供給を想定した電力量を超える電量需要があった場合、お家のブレーカーが落ちるように、その地帯の電力がいっせいに落ちて(送電がとまる)しまうから。交通事故多発、工場の機械が故障、何かの理由で大事故や火災発生もあるかも、空き巣や諸々の事件も多発、コンピューターが壊れる、全ての電気が落ちたために固定電話もケータイも使えない・・・などなど、大停電が発生した場合の社会的な混乱は、ちょこっと想像するだけでも恐ろしい。

記憶に新しいのは、2003年の北アメリカで起きた大停電。この大停電の理由はよくわからなかったらしいけど、復旧までに13時間、完全に復旧するまで29時間かかったそう。この間、停電になってしまった超広域な場所のすべての信号機、電車、航空機をはじめとする交通機関が使えなくなったことなどで、そりゃすごいことになったそうな。

街頭もない真っ暗な街、電気のない生活をしたことのない私には想像もできません・・・。

こんなことが起きないように、ピーク電力を減らすことが求められているのだけど、その負担を大量に電気を消費する企業に押し付けてしまった場合、経済活動を低迷させてしまい、結果的に別の問題が発生します。そのため、需用電力の1/3を消費するといわれる家庭での節電が望ましいといわれます。

さっき見てたWBSニュースで出てた計算だと、今年の夏のピーク時電力5500万kW、そのうちの1/3を消費する各家庭が25%ずつ節電できたとすると、その量は450万kWになるそうです。福島第二原子力発電所の発電量440万kWに相当します。

WBSニュースでは、各家庭で25%の節電をするための案として、契約アンペア数を40Aから30Aにすることを提案してました。「気をつけて節電する」から「節電しなきゃいけない環境」にしよう!と。たくさん電気を使ったブレーカー落ちちゃうなんて、かーなーりそそられますね。これを各家庭でやれば原子力発電所の一箇所分も節電できちゃう。サマータイム案より、かなり現実的だわ~。とはいえ、快適生活になれているため、かなりの覚悟は必要だし、工事にきてもらうのも面倒だわね。

そして、節電案でとても面白いと思ったのは、テレビ局が真夏の午後1時から4時の間、放送を自粛する案。強制的にテレビが見られないことで、節電できる量は、提案者「西陣に住んでます」のおねーさん試算によると240万kW。これは揚水発電所2箇所分に相当。この計算、かなり大胆なので、実際にやった場合でも、半分の120万kWくらいだと思う。それにしたって揚水発電所一箇所分!!

もしくは、今、家みたいに地デジ化してない家は「アナログ放送が終了したらテレビみません!」宣言をして節電に協力してもらうとか(笑)

私は、今から夏に電力を使わない涼しい過ごし方を考えみようと思って、近場の涼しい場所を物色してます。幸い、このあたりは少しいけば川も山もあるからね・・・。

電気代もババーンと値上がりするのは時間の問題。
ここはひとつ、まずは家でつかっている電化製品の消費電力のチェックと使用の見直しをすることが、世の中のためになり、地球のためにも、家計のためになる・・・。

相変わらず面倒くさいと思うけど、納得するまで調べてみます!!

注意:素人の知識に乏しいおばちゃんが書いている内容なので、勘違いや表現の悪さで誤解の生じる部分などもあると思います。書かれている内容に責任は持てないので信用しないように。また、間違いに気がついた方はご一報くださいませ。
スポンサーサイト

電気の需要量と供給量の関係

「電気はためられない。時間にあわせて供給量を調整している。ピーク時間には、簡単に発電調整できるの水力発電で調整している。」ということは前記事に書いたように分かった。

あと。夏場やトラブルがある度に、今までは東北電力に電力を拝借してたこと。近頃は中部電力から電気を送電してもらっていること。関西電力からは周波数が違うために借りれないことなども分かった。

そして、今回の地震で、ベースになる発電量が多かった原子力発電所や、海岸沿いにある火力発電所数箇所が停止してしまっているから、『計画停電』はやむ終えないという状況もわかり、

だから、数グループに分けて停電時間をずらして、全ての時間帯において相対的な消費量を下げること、ピーク時間帯に停電箇所をかぶせていることも理解できた。計画停電スケジュールを見ると、東電の意図が多少は理解できるようになった。

が、またここで、新たな疑問が・・・。
夫の「供給量が決まっているんだから使って大丈夫だし、気をつけなきゃいけないのは需要ピークの時間帯だけだよ」の「供給量が決まっているんだから・・・」のところ。

確かに需要と供給の量が設定されていて発電所を動かしているらしいことが、色々と調べているとわかってくる。

すると「じゃーさー、供給量が決まってて発電所を動かしてるってことは、たくさん節電したら電気が余っているってことじゃない!!じゃーさー、使わないで余った電気はどこに流れていくんだろう???」ってな、疑問で頭がいっぱいになった。ちなみにyahooでは、ただいまの電気使用量を視覚的に見て取れるようになっている。例えば、今の使用量が80%ならば、残りの20%はどこに行ってしまったの?となるじゃない。

ここで夫にまたもや質問。
私「電気って余ったらどこにいくの?」
夫「電気は余らないよ」
私「なんで?供給が決まってて発電してるんでしょ?」
夫「違うよ。使う量だけ発電してるんだよ」
私「?」
夫「だから、○×&%#$・・・」
私「?????????????」


どーしても気になってしかたないので、自力で調べてみたのです。そしたら、ありましたよ~♪
「マズ、電気が余ることはありません。
発電量=消費量
発電所からの発電量と消費量は必ずイコールになります。
お祭りなどで活躍する自家用発電機に何も接続しないでエンジンを回しても1Wも発電はしていません。
ただ、単に発電機回転子軸を、無駄な燃料を使用してエンジンで回しているだけに過ぎないのです。
自家用発電機に電線を繋いで、100Wの電球を点灯させて100Wの仕事をしたとき、電力を消費したときに、初めて発電機は100W分の電気を送ったことになり、100W分の電気の発電が行われたことになります。」
ですって~。

また別の方は、「発電と消費のバランスは常に一致しており、どこかで余った電力を捨てているというようなことはありません。発電と消費のバランスの変化は瞬時に周波数(50Hzまたは60Hz)の変化となって現れます。東京電力の場合は周波数が50Hz±0.2Hz以内になるように発電電力を需要にあわせて調整しています。」だそうな。

相変わらず詳しくはわかんないけど、発電所は動いていて最大の需要目安まで発電できる状態にあるけど、実際に使う量しか送電しないシステムになっているってことなんでしょうね。だから、もし見積もった供給量が実際の供給量より大きすぎる場合は、電気が余るんじゃなくて、余分な分だけ発電所を動かしたエネルギーが無駄になるっているってことなんですね~。

こんなにムキになってしまった。
普通に主婦している人達にはどうでもいいことが、かーなーり気になる私、馬鹿じゃなかいと思う。けど、自分で情報の真偽を見極めるためにアタシは知りたいと思います。


そんなこんなを調べる際にとても参考にさせていただいたのが、西陣に住んでいますというブログ。
今の東京電力の状況や、電気の需要と供給について、全くわからない人にもとてもわかりやすく説明をしてくれています。次記事のサマータイムに関する記事もとても素晴らしいので、ぜひご一読を。

もういっこは、でんきの情報広場。ここでも、色々と理解できました。ここで見れることは、小学校3年生と中学2年生で習うことらしいです。中2の息子のほうが、よーく知ってました(;^_^A

この夏の電力不足に備えて、面倒くさいなどと思わず、一緒に電力について勉強しましょ♪

注意:素人の知識に乏しいおばちゃんが書いている内容なので、勘違いや表現の悪さで誤解の生じる部分などもあると思います。書かれている内容に責任は持てないので信用しないように。また、間違いに気がついた方はご一報くださいませ。

電気はためられない! 再UP

寒いなか、節電のため暖房機器をつけなかったところ、夫と軽く口論になり・・・「そんなにやったて、電気は蓄えられないんだから!」って言われた。

「え?電気って貯められないの????あまった電気は売ってるじゃん。あれって貯めて売ってんじゃないの~???」っと、私は超びっくりしてしまいました。だって、せっせと節電してたのは、私が使わない電力が他で使えるから~って気もちもあったんだもの・・・。

なんだか、とてもガッカリしてしまった。
夫が言うのは、供給量が決まっているんだから使って大丈夫だし、気をつけなきゃいけないのは需要ピークの時間帯だけだよ!って。

だからって、こんな時に今までと同じように電気を使っていることに罪悪感もあるし、こんな時だからこそ、今まで面倒で放置してきた?について、ちゃんと知ってみよう!と思い、「電気について」「計画停電実施の必要性」について調べてみました。

きっと私と同じように「やみくもに節電した電気は貯められる~」と信じているおばさんは他にもワラワラといそうなので、記事にしてみます。

*********

まず、計画停電の必要性ですが、「発電の多くの部分を担っていそうな原子力発電所が使えなくなったから、電気が足りなくなり計画的に停電されている」という程度の認識の方、世の中に少なくないと思います。私もそうです。

このような認識だと、グループ別に停電になること、時間をずらしていることの理由が理解できない方もいらっしゃることでしょう。

そして、このような認識だと、「みんなで一斉に停電しちゃえばいいじゃ~ん」という大胆な意見もでてきそうです。ですが、そうなっていないのは、『できないから』です。

なぜ、できないのはと言えば、「電気は貯められないから」「供給電力量は簡単に増やしたり減らしたりできないから」です。

電気というのは、光と同じ速さで発電所から各地の変電所を通って私達の家に届けられています。光と同じ速さというと、一秒間に地球を7周半できる速さだそうです。作りたてのホヤホヤ電気を私達は使っているそうです。

この電気を製造するところ、発電する施設は、原子力発電、火力発電、水力発電の3種類が主な供給先になっています(太陽光や風力はまだまだ微量)。

そして、今回の計画停電が実施されている東京電力のサービスエリア(関東1都6県+山梨県+静岡県東部)へ供給されている電力は、供給面から三つに分類されます。ベース供給電力、ミドル供給電力、ピーク供給電力となります。

これは、一日の電気の需要量は一定でなく、需要の少ない時間、増える時間、ピークになる時間帯というように時間帯によって差があります。そのため、一日に必要だと予想される電力量を時間ことに想定し、ベース供給を原子力発電、その次に火力発電で深夜の電力量を調整、水力発電でピークを補うという方法をとっています。

なぜ、この方法が採用されているのかといえば、しつこいけど『電気は蓄えれないから』(どっちの貯えるか不明。だれか教えてください)から。

簡単に発電量の調整が可能な施設は水力発電だけらしいです。
ミドル供給電力の火力発電は調整できる施設ではあるけれど、その量を大幅に増減することは簡単ではなさそうですし、原子力発電にいたっては調整が非常に困難、けれども大容量が供給できる・・・ということらしいです。

電力は需要量を供給できないと、電力不足になり大規模な大停電が発生してしまいます。そのため、電気会社は毎日の電気使用量を想定して電気を作れるスタンバイをしています。供給可能量に対する今の使用量は、視覚的に確認できますよ。ちなみに今日の電気使用状況グラフでは、一日の電気使用量の流れがわかり、また前年と昨日との比較ができるようになっています。東京電力のHPより

おっと、時間が・・・。
計画停電を実施しなくてはいけない理由1
「電気が貯められない」「全部止めると再始動に時間がかかる」から、について書きました。

この先はまた後ほど・・・。
つづく。

注意:素人の知識に乏しいおばちゃんが書いている内容なので、勘違いや表現の悪さで誤解の生じる部分などもあると思います。書かれている内容に責任は持てないので信用しないように。また、間違いに気がついた方はご一報くださいませ。



Extra

最新記事

『早起き生活』実行中

早起き生活
Powered by 早起き生活

逸品みっけた♪

ふれあい囲碁7
いつでもどこでも誰とでも楽しめる囲碁ゲーム。2010年の10月に発売になるようです。こちらで予約を受け付けしています。気になる方はこちらで。えじそんくらぶ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。